そらまめガイド スマートフォンサイト

仕事のキホン

いざ面接めんせつ。どうすればいい?

「面接」は、入室にゅうしつ(部屋に入る)⇨面接⇨退室たいしつ(部屋を出る)の3段階がキホン。自分の番が回って来た時にあわてないように、予行練習をしておきましょう。

①まず入室(部屋に入る)

  • 名前を呼ばれたら元気よく返事を。
  • ドアを2回ノック。「どうぞ」と返事があるまでドアを開けないようにしましょう。
  • 部屋に入ったら両手で静かにドアを閉める。
  • ドアを閉めたら面接官のほうを向いて、一回お辞儀じぎを。
  • イスの左がわか後ろに立ち、「○○です。よろしくお願いします」とあいさつしましょう。

②いざ、面接

  • イスに座るようにすすめられたら「失礼します」と言ってイスの左がわから着席を。
  • 背筋を伸ばし、イスの背もたれにはよりかからないようにしましょう。
  • 受け答えは全部敬語けいごで。自分のことは「わたくし」、相手の会社ことは「御社おんしゃ」と言いましょう。
  • できるだけ大きな声でハキハキと。

③最後に退室(部屋を出る)

  • 面接官から「これで終わります」と言われたら、イスの左がわに立ち上がって「ありがとうございました」とお辞儀をします。
  • ドアのところで面接官のほうを振り返り、「失礼します」とあいさつしてから部屋を出ましょう。

next-btn

twitter-btn@3x
soramame-vol2-btn@3x