そらまめガイド スマートフォンサイト

cat01-column-h3-icon

彼女が妊娠した時に
男性ができること

突然の妊娠にとまどうのは当然のこと。
どんなことでも2人でよく話し合って、
1つずつ解決していきましょう!

 突然、つきあっている彼女に「妊娠したかも・・・」なんて言われたら、驚いちゃうよね。では、驚きの次に感じるのはどんな気持ちだろう? 喜び? とまどい? 疑い? 突然のことで不安になったり、時には否定したくなったりしてしまうこともあるかも。男性は女性のように自分が妊娠するわけじゃないから、実感するのが難しいし・・・。でも、2人の子どもだから、結婚のこと、2人で育てることについて彼女とよーく話し合ってしっかりサポートしてあげてね

彼女の心と身体のケアは
とっても大事よ!

 女性は妊娠するとホルモンのバランスが大きく変わって、すぐにイライラしたり、突然泣きだしたりと精神的に不安定になりやすいんだ。さらに、妊娠初期には「つわり」といって食べ物の匂いを嗅ぐだけで吐き気がしたり、好きだった食べ物がキライになって食欲がなくなることもあるし、お腹が大きくなってくると思うように動けなくなって、足がだるくなる、腰が痛くなるなど、身体にもいろいろな不調があらわれてくるんだ。人によって「つわり」の症状は違うけど、彼女が辛そうなときは「体調はどう?」と声をかけたり、病院へ付き添ったり、重いものは持ってあげる、家事を引き受ける、マッサージをしてあげるなど、彼女の心と身体を気遣ってあげるようにしよう!

情報収集や手続きなどは、
積極的に動こう!

 赤ちゃんが生まれるまでに、病院に行ったり役所に書類を出したりなど、やらなくちゃいけない手続きがたくさんあるよ。まずはお金のこと!出産する病院に支払うお金を準備しておこう。出産するときにかかるお金はおよそ50万円と言われていて、住んでいる地域や加入している健康保険などによって違うんだ。50万円ってすごく高いけれど、地域の自治体で色んなサポートが用意されていて、中には出産後にお金が戻ってくることもあるので、どんなサポートが受けられるか市役所や区役所のホームページで調べてみてね。市役所や区役所に直接行って、わからないことをまとめて聞いてくるのもおすすめだよ!
 次に、生まれたばかりの赤ちゃんに必要な肌着やおむつなどのグッズを用意しておこう。どんなものを用意するかは季節によって違うので、出産予定日に合わせて事前に調べておくといいかも。
 調べること、やることがたくさんあるので、リストを作成するのがおすすめ。2人で話し合って分担したり、休日に一緒に買い物に行ったりと、彼女任せにしないで、2人で赤ちゃんを迎える準備をしていこう!

最低限必要なもの
赤ちゃんのお世話グッズ
  • ・おむつ
  • ・おしりふき
  • ・ガーゼ
  • ・ベビーソープ
  • ・綿棒
  • ・哺乳瓶やミルクと消毒グッズ
  • ・タオル
  • ・寝具
赤ちゃんの洋服
(季節によって調整)
  • ・短肌着
  • ・長肌着(秋冬)
  • ・カバーオール(冬)

父親になる準備を
しておこう!

 赤ちゃんが生まれるまでに、自分が父親になる準備をしておこう。実際に赤ちゃんに会うまでは実感がわかないだろうけど、病院や住んでいる地域の自治体が開催する「パパ・ママ教室」や「マタニティースクール」などに2人で参加してみるのもいいよ! 赤ちゃんの抱っこの仕方やおむつの変え方、お風呂への入れ方など、基本的なことを教えてくれるんだ。職場や友人に先輩パパがいたら相談してみるのもいいかもね。実体験に基づいたアドバイスをしてくれるかも。

あなたが素敵なパパになるための
秘密を伝授(パパノート)
詳しくはコチラ

最後に

 彼女にとっても自分にとっても、出産や育児って初めてのことでわからないことだらけだけど、何をするにも彼女と助け合っていくことがとっても大切なんだよ。時には2人だけではどうにもならないこともあるけれど、そんな時はまわりの信頼できる大人の人たちによく相談してみてね。
 まわりに相談できる人がいない場合は、近くの児童家庭支援センターに相談してみて。いろいろなサポートが受けられるよ。

全国の児童家庭支援センター一覧

next-btn

twitter-btn@3x
soramame-vol2-btn@3x